忍者ブログ
メインサイトの更新履歴と日々の所感
[259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オーストリアで行われた3大陸4カ国トーナメント戦での話。

序盤のビッグチャンスと運をモノにしたスイスが2-0で折り返す中、
反撃の狼煙を上げたのは、やはり松井。スイスがもらった幸運なPKとは雲泥の差。
同点弾となった2点目も松井が起点。
松井のドリブルを嫌った相手DFが端からファールを冒す中、FKから巻が決めたゴールだった。
と、ここまでは良かったが、問題はその次。

勝ち越しの機運が高まる最中、あろう事か松井を下げて山岸を入れるという仰天の采配。
巻がPKを得た事で何とか勝ち越しには成功していたものの、
何と今度は、当っていた巻を下げて新潟の矢野を投入。
その数分後には、松井に代わった山岸が相手にCKを与える中、
巻に代わった矢野のマークミスで同点弾を相手に献上。
要は、オシムの交代采配がドンピシャでハズレたと云う話。

結果的には、劇的な逆転弾を決めた矢野はプラマイゼロになる訳だが、
それにしても、解説(元鹿島の相馬さん)にもボヤかせるほどの采配というのも結構珍しい。

終了間際に中村(憲)や佐藤を投入した辺りから判断すれば、
引き分けで良しとしていたオシムの心中も明らかだが、
2-2の同点となった時点で、同一メンバーであれば、
更にダイナミックで落ち着いたゲームになっていたはず。
勝ち負けの問題とかじゃなくて。

2010南アWCアジア予選もぼちぼち始まる中、
その序盤戦では海外組の出番もない事を考慮すれば、
ここで招聘した国内組にも少しでも経験を積ませたいと云う事なのだろうが、
何れにせよ、あのタイミングでの珍采配には只々絶句。

ただ、代表に於ける松井のポテンシャルが証明された事だけは確かな所で、
松井外しにストレスを抱いていたマスコミが一気に煽る事も必至。
っつか、今更って話なんだけど。

気が付けば優勝って感じの今大会の結果などはさて置き、
来年の東アジア選手権でも松井が招聘される事を祈るばかり。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フライヤーズ・ノスタルジア
Comment
TB
Profile
HN:
clockrestorange
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
 
映画レビューとチラシのサイトフライヤーズ・ノスタルジアの管理人です。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]